愛着のある我が家を長く快適に維持する為のリフォームのポイントとは

>

老朽化した住宅設備のリフォーム時期とは

キッチンリフォーム

キッチンはメーカーのシステムキッチンが収められている事が多いでしょう。10年もすると更に快適で扱いやすい素材のシステムキッチンが多く出ています。汚れにくいシンクやカウンター、高機能食洗器、レンジフード等目移りするほど豊富な種類があります。
せっかくリフォームするなら機能性重視、収納増、オール電化にチェンジ、とにかく安く済ませたい等あれこれ要望がでてくるのがキッチンです。
まずはリフォーム後、どの様な使い勝手を優先的に望むのかを見極めましょう。
そして今より使い勝手が良いキッチンを目指しましょう。
調理しやすい導線を意識した配置、そしてメインにキッチンに立つ方の身長に合わせたカウンターの高さ、買い替えが予想される冷蔵庫等の配置を考えるなどおさえるべきポイントがいくつかありますのでしっかりチェックしてください。

浴室・トイレリフォーム

浴室はユニットバスの交換が最もポピュラーなリフォームです。ユニットバスは継ぎ目がなく床、天井や壁全体がセットになっています。水漏れも起きにくく、リフォーム日数も短く済む事から選ばれる方が多いタイプとなっています。
水はけがよく乾きやすい材質で、水垢が付きにくく冬でもあたたかな床暖房、浴室乾燥機能付き等グレードの高い多機能なユニットバスも人気です。
トイレリフォームは便座の交換がメインです。ウォシュレットの不具合からリフォームを思い立つ人も多いそうです。便器自体の劣化は見られなくてもウォシュレット機能や配管の不具合等はやはり10年程経った頃から出始めます。
トラブル後のリフォームとならぬ様、日頃から不具合を見逃さない様にしましょう。最新のトイレは少ない水量や自動開閉式、乾燥機能等を兼ね備えた優秀なオプション機能があります。
リフォームの際は予算と相談してしっかりと吟味しましょう。



TOPへ戻る